医者

糖尿病は食事が基本です|規則正しい食LIFEに

日頃から予防する

男性

食生活の影響で、肥満体型に悩まされる人が増えているように感じます。特に体型が太めの人は糖尿病になるリスクが高くなり、食事療法が求められます。日頃から注意する点に注目していき、病気と上手に付き合っていきましょう。

詳しくはコチラ

相乗効果を狙う

Hospital

食生活の見なおしによって糖尿病と上手に付き合っていけますが、体の内側から綺麗になれる方法として運動と薬物療法の2つがあります。食事を取り入れていけば、症状に悩まされることがなくなるでしょう。

詳しくはコチラ

療法出来る病気

すぐに改善することが出来る。糖尿病は食事が最適となります。決められた摂取カロリーの中で上手く栄養バランスを摂ることが必要です。

医者

我々が生きていく上で必要な食事は、基本からきています。何をすれば良いのかまだ分かっていない人も多く、特に糖尿病を患っている人は見逃してはいけません。基本は血糖値をコントロールするところから始めます。過不足にならない程度に留めることで、病になっても上手に付き合っていける体になります。そのためには、計算された適正エネルギーの摂取が求められ、正しい食事療法を身に付ける必要があります。ただ、食事改善で良くなったと思われる症状も自己判断で普段のメニューに戻るとたちまち状態は悪化していくだけです。苦労して見なおした食生活を台無しにしないためにも、栄養士と医師の指導を元に、正しい食生活を心がけるようにしましょう。

基本になるポイントは、全部で3つあり、一つ目は適切なエネルギー量を摂取することです。性別と年齢・体重や新調・活動量を元に一日に必要な摂取エネルギーを出していきます。その情報を元に医師が診断を下します。普段の食事では範囲内に収まるようカロリー計算が欠かせなくなりますから医師の診断は非常に重要な部分になります。スタート地点は、エネルギーを考えた献立を考えることから始まり、バランスの整った食生活を目指していきます。尚、数ある食品を栄養を逃さずバランス良く摂取する必要がありますから、料理本やネットのレシピを参考にして調理しましょう。糖質や糖分をただカットしただけの食事は正直バランスが摂れているとは言えません。ですから植物繊維やミネラル・ビタミンが豊富に含まれている食品を積極的に摂るようにしていき、アルコールやケーキ・お菓子など甘い食べ物を控えるよう心がけましょう。大切なことは一日3食この形を維持させることです。どれか1つが偏ると変動が大きくなる恐れがあり、リスクしか残らなくなります。そうではなく、一日3食均等にバランスを考えた食事になるよう注意する必要があります。主食と主菜・副菜の3つを考えたメニューにすることで血糖値のコントロールが上手く出来るようになります。

宅配サービスに注目

女性

カロリー計算が面倒・栄養を自ら算出しないといけないため、食事を摂る以前に大きな負担になるデメリットがあります。糖尿病と上手に付き合うためには食事の見なおしが必要です。宅配弁当サービスを有効活用しましょう。

詳しくはコチラ